はじめに…
1. 使用する素材・調味料に関しては、素材選び・調理のポイントを参考にして、お子さんの体質や
   各家庭の味覚に応じたものをご使用下さい。
2.レシピは、アレルギー・アトピーっ子対応となっています。そのため、特殊な素材がありますが、
  一般向けに素材の変更点を記しています。乳質に配慮する母乳育児中の方や、からだにやさし
  い離乳食・幼児食作りにもぜひご利用下さい。離乳食・幼児食への応用ポイントも併記しました。

雑穀蒸しパン(レシピ提供:パティシエールさん)
<原材料>
雑穀粉(150g)、カボチャパウダー(50g)、砂糖(50g)、重曹(小さじ1/2弱)、塩(ひとつまみ)
りんご100%ジュース(200−300ml)
<変更材料>
雑穀粉→小麦粉、米粉など

<作り方>
1.雑穀粉とカボチャパウダー、重曹をボールにふるいます。カボチャ粉末がない場合は、
  サツマイモパウダー、シナモン、キャロブパウダー、サツマイモ、りんごなどでも構いません。
2.蒸し器をいつでも蒸せるように蒸気を立てます。
3.上記1.に塩とてんさい糖を加え、りんごジュースをホットケーキの生地の固さまで加えます。
4.すぐに型の8分目まで入れ、約15分蒸します。

<ポイント>
◇雑穀粉はあらかじめあく抜きをして下さい。
◇蒸しパンがぼろぼろする場合は、雑穀粉の10%程度の量のタピオカ粉やさくさく粉を加えると、
  まとまった生地になります。
◇砂糖の量はお好みで加減をして下さい。果物をつぶして入れる場合は、果糖の甘みが
  加わるので、上記の量を減らした方が無難です。
◇ジュースはアレルギー用ミルク、水に変更してもOKです。重曹が酸に反応して膨らむので、
  フルーツの酸なら旨みが増します。特に、りんごジュースにこだわらず、酢(りんご酢など)を
  少し加える程度でもOKです。
◇重曹は酸に反応して膨らむので、リンゴジュースを入れたら、手早く混ぜ、すぐに蒸すのが
  ポイントです。
◇カボチャ、サツマイモ粉末がない場合、カボチャ、サツマイモをつぶして加えたり、りんごを
  すってもOKです。
◇油脂類が入っていないので、授乳中の方も安心して食べられます
◇小麦が大丈夫な方は、砂糖や重曹を加える手間が省けるため、ケーキミックスなどが便利です。

<離乳食・幼児食への応用>
◇離乳中期〜後期頃からOKですが、砂糖を使用しないで下さい。
◇緑黄色野菜(人参・ほうれん草など)を加えてあげると、野菜の摂取につながります。
◇ぼそぼそしないので、つかみ食べの練習にもなります。
雑穀ホットケーキ(レシピ提供:ぺろさん)
<原材料>
雑穀粉(カップ1.5)、さくさく粉またはタピオカ粉(カップ1)、砂糖(お好みで)
塩(ひとつまみ)、水
<変更材料>
雑穀粉→小麦粉、米粉など

(写真上側) 稗粉、タピオカ粉、てんさい糖、塩、サツマイモフレーク
         ノンオイルドライレーズン
(写真下側) 上記+黒糖蜜(左側)     (上下とも、びびあん作)

<作り方>
1.雑穀粉はあらかじめ灰汁抜きをして下さい。
2.ビニール袋に上記1.と他の材料をくわえて、ぼたっとする程度までねります。
3.上記2.を炊飯器に入れ、1−3cmくらいの厚さにして炊きます(普通の炊飯コースで)。
4.炊き上がり後、お好みでテフロンのフライパンで焼き目をつけると、香ばしくなります。
5.ケーキのように切り、お好みで国産蜂蜜レモンや黒糖蜜、無糖ジャム、メープルシロップなどを
  かけて食べるとおいしいです。

<ポイント>
◇サクサク粉で作ると、タピオカ粉で作った場合よりも、もちもち感が減ります。
◇重曹などの添加をしていないため、冷えると次第に硬くなりますが、その際は、トースターや
  電子レンジなどで温めて下さい。
◇お好みでリンゴ(紅玉が最適)のレンジ煮をやカボチャ・サツマイモなどの裏ごしを入れても
  おいしいと思います。
◇油脂類が入っていないので、授乳中の方も安心して食べられます。
◇小麦が大丈夫な方は、砂糖や重曹を加える手間が省けるため、ケーキミックスなどが便利です。

<離乳食・幼児食への応用>
◇離乳中期〜後期頃からOKですが、砂糖を使用しないで下さい。
◇緑黄色野菜(人参・ほうれん草など)を加えてあげると、野菜の摂取につながります。
◇ぼそぼそしないので、つかみ食べの練習にもなります。
米粉蒸しパン&ケーキ(レシピ提供:パティシエールさん&かのんさん)
<原材料>
米粉(上新粉・ゆきひかり粉など)(150g)、砂糖(お好みで:0〜25g)、重曹(小さじ2/3)、塩(ひとつまみ)、りんご100%ジュース(120ml)、ノンオイルドライレーズン(お好みで)、刻みリンゴ(お好みで:目安は〜小1/4個)

<作り方>
◇パティシーエルさん編
1.ボウルにすべての材料を入れ、充分に混ぜ合わせます。
2.アルミカップ(上記の量は5−6個分)または耐熱皿に入れます。クリスマスまたは誕生ケーキ用
  としては、この2倍量を用いて耐熱皿に入れ、上部にリンゴのスライスをアップルパイ風に丸く
  並べてから蒸します。
3.あらかじめ蒸気を立たせておいた蒸し器で約20分蒸します。

◇かのんさん編
1.上記の材料を混ぜて、クッキングシートに載せます。
2.炊飯器に水を50ml入れます。
3.クッキングシートに載せたまま、炊飯器に入れ、そのまま炊飯します。

<ポイント>

◇かのんさんの作り方では、クッキングシートを入れるので、釜に生地がくっつかないし、
  お手入れが簡単です。クッキングシートは大きめの方が生地に水がつかなくて良いと思います。
◇砂糖をくわえなくても、上記で充分に甘みを感じます。甘すぎると感じる場合は、リンゴ100%
  ジュースを水に変更するか、刻みリンゴを省略すると良いと思います。
◇ジュースはアレルギー用ミルク、水に変更してもOKです。重曹が酸に反応して膨らむので、
  フルーツの酸なら旨みが増します。特に、りんごジュースにこだわらず、酢(りんご酢など)を
  少し加える程度でもOKです。
◇重曹は酸に反応して膨らむので、リンゴジュースを入れたら、手早く混ぜ、すぐに蒸すのが
  ポイントです。
◇小麦が大丈夫な方は、砂糖や重曹を加える手間が省けるため、ケーキミックスなどが便利です。
◇軽度の米アレルギーの場合、高度精白米を用いた上新粉を使用すると良いと思いますが、
  砂糖を入れないで下さい(フラクトオリゴ糖・ラフィノースはOK)。糖分の過剰摂取は悪化の原因と
  なります。
◇油脂類が入っていないので、授乳中の方も安心して食べられます。

<離乳食・幼児食への応用>
◇離乳中期〜後期頃からOKですが、砂糖を使用しないで下さい。
◇緑黄色野菜(人参・カボチャなど)を加えてあげると、野菜の摂取につながります。
◇ぼそぼそしないので、つかみ食べの練習にもなります。

お芋のもちもちパン(お焼風)(レシピ提供:パティシエールさん)
<原材料>
米粉(上新粉・ゆきひかり粉など)(1/2カップ)、タピオカ粉(1/4カップ)、水(70ml)
重曹(小さじ1/2)、ノンオイルドライレーズン(お好みで)、サツマイモ(お好み量)、油(少量)

<作り方>
1.サツマイモを5−7mm角に刻み、水にさらしておきます。
2.ノンオイルドライレーズンも刻んで、分量の水に浸します。
3.上記1.のサツマイモをレンジで約3分チンします。
4.ボウルに粉類を入れてよく混ぜ、上記2.のレーズンと水、上記3.のサツマイモをくわえて
  さっくりと混ぜます。
5.少量の油をひいたフライパンに流し込み、弱火で表面がキツネ色になるまで焼いたら、反対側に
  ひっくり返し、蓋をして焼きます。

<ポイント>
◇甘みがサツマイモとノンオイルドライレーズンのみなので、甘みが足りない場合は作り方3.の
  サツマイモに砂糖をふりかけてからチンします。サツマイモの煮物を使ってもOKです。しょうゆ味
  などがついておいしいです。
◇軽度の米アレルギーの場合、高度精白米を用いた上新粉を使用すると良いと思いますが、
  砂糖を入れないで下さい(フラクトオリゴ糖・ラフィノースはOK)。糖分の過剰摂取は悪化の原因と
  なります。
◇油不使用でもくっつかないフライパンで焼くと、授乳中の方も安心して食べられます
◇小麦が大丈夫な方は、砂糖や重曹を加える手間が省けるため、ケーキミックスなどが便利です。

<離乳食・幼児食への応用>
◇離乳中期〜後期頃からOKですが、砂糖を使用しないで下さい。
◇緑黄色野菜(人参・カボチャなど)を加えてあげると、野菜の摂取につながります。
◇ぼそぼそしないので、つかみ食べの練習にもなります。

TOP


Copyright - ©  おでびびはうす 2005-  All Rights Reserved