はじめに…
1. 使用する素材・調味料に関しては、素材選び・調理のポイントを参考にして、お子さんの体質や
   各家庭の味覚に応じたものをご使用下さい。
2.レシピは、アレルギー・アトピーっ子対応となっています。そのため、特殊な素材がありますが、
  一般向けに素材の変更点を記しています。乳質に配慮する母乳育児中の方や、からだにやさし
  い離乳食・幼児食作りにもぜひご利用下さい。離乳食・幼児食への応用ポイントも併記しました。

馬肉簡単ネギ味噌(レシピ提供:ぺろさん)
<原材料>
馬挽肉、醤油、味噌、小口ネギ、青海苔(お好みで)
<変更材料>
馬挽肉→ウサギ、カンガルーなどの挽肉
     →豚赤身、鶏などの挽肉

(写真) 馬挽肉、ネギ、紅しょうが (びびあん作)

<作り方>
1.馬挽肉を水で充分洗った後、あくをとりながら、二度湯でします。
2.上記1.に醤油を軽くふります。
3.上記2.に、小口ネギと味噌、少量の水をくわえて、加熱します。

<ポイント>
◇麺類(さくさく麺・雑穀麺・米麺など)に乗せると、坦々麺風になります。
◇温かいご飯の上に乗せたり、おにぎりの具などにしてもおいしいと思います。
◇ロメインレタスで麺類と上記ネギ味噌を包んでも、おいしさがUPします。
◇紅しょうがのみじん切りを加えると、味に変化がつき、より一層おいしくなります。
◇レッドキャベツの芽(スプラウト)やクレススプラウトを添えて食べると、肉類の消化を良くするよう
  です。
◇油脂類をほとんど含まないので、授乳中の方も安心して食べられます。

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳中期〜後期頃から利用できますが、完了期頃までは味付け前に取り分けをして、薄味に
  して下さい。まずは、薄い塩味、1歳頃から薄い醤油味・味噌味をつけると良いと思います。
  味噌と醤油、どちらか一方でもOKです。
◇おにぎりの具やお粥・ご飯に混ぜてあげると、おいしいと思います。
馬肉簡単ネギ味噌(そぼろ風)(レシピ提供:あままさん)
<原材料>
馬挽肉、味噌、砂糖、しょうが、油(お好みで)
<変更材料>
馬挽肉→ウサギ、カンガルーなどの挽肉
     →豚赤身、鶏などの挽肉

<作り方>
1.馬挽肉を水で充分洗った後、あくをとりながら、二度湯でします。
2.上記1.をしょうがで炒め、味付けをします。

<ポイント>
◇麺類(さくさく麺・雑穀麺・米麺など)に乗せると、坦々麺風になります。
◇温かいご飯の上に乗せたり、おにぎりの具などにしてもおいしいと思います。
◇ロメインレタスで麺類と上記ネギ味噌を包んでも、おいしさがUPします。
◇紅しょうがのみじん切りを加えると、味に変化がつき、より一層おいしくなります。
◇レッドキャベツの芽(スプラウト)やクレススプラウトを添えて食べると、肉類の消化を良くするよう
  です。
◇油脂類をほとんど含まないので、授乳中の方も安心して食べられます。

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳中期〜後期頃から利用できますが、完了期頃までは味付け前に取り分けをして、薄味に
  して下さい。まずは、薄い塩味、1歳頃から薄い醤油味・味噌味をつけると良いと思います。
  味噌と醤油、どちらか一方でもOKです。
◇おにぎりの具やお粥・ご飯に混ぜてあげると、おいしいと思います。
サクサク団子汁(レシピ提供:木が三本さん)
<原材料>
さくさく粉(1カップ:約130g)、タピオカ粉、塩(小さじ約1/5)、熱湯、
出汁もしくは水、野菜や肉類(お好みのもの)、醤油

(写真上側) サクサク団子
(写真下側) サクサク団子、大根、人参、白菜、小松菜、白菊純米醤油
         塩        (びびあん作)

<作り方>
1.さくさく粉、タピオカ粉、塩を入れて混ぜ、熱湯を少量ずつ加えながら、
  しゃもじですばやく混ぜます。
2.だまになっても気にせず、やや硬めのクリーム状くらいにまでこね、少し冷ましてから、
  手水をつけて団子に丸めます。
3.野菜や肉類を出汁もしくは水で煮て、最後に上記2.の団子を入れて、半透明になるまで
  火を通します。

<ポイント>
◇団子は約1週間冷蔵保存可能です。また、冷凍も可能です(約2−3週間)。
◇タピオカ粉を入れなくても団子を作ることができますが、タピオカ粉を入れることにより、
  硬くなりにくくなります。
◇餅米を含まない団子なので、授乳中の方も安心して食べられます。雑煮代わりにどうぞ♪

<離乳食・幼児食への利用>

◇離乳完了期頃からOKですが(噛み噛みできていることが目安)、団子は喉につまらない
  ように、小さく作って下さい。

キヌア団子とキヌア団子汁(レシピ提供:ぺろさん)
<原材料>
◇キヌア団子
キヌア粒(300g)、COOKママさくさく粉(大さじ1−2杯)(辻安全食品)
◇団子汁
キヌア団子、出汁もしくは水、醤油、三つ葉やセリ、人参
キノコ類(しいたけなど)
<変更材料>
キヌア→米・他の雑穀粒など

<作り方>
◇キヌア団子
1.キヌアのあく抜きをします。あく抜きは、キヌア粒を水でよく洗い、一晩水につけ、途中、水を数回
  交換します。キヌア粒から繊維が発芽してきますが、そのまま炊いてOKです。
2.キヌア粒1カップ(100g)に対して、同量の水1カップの割合で炊きます。炊飯器で炊く場合、
  上記の量(300g)に対して、炊飯器の目盛り3まで、水を入れて炊きます。
4.炊きあがったキヌアに、COOKママサクサク粉をふりかけ、炊飯器の中で、しゃもじにて団子に
  します。
5.とろろ昆布やふりかけなどをかけたり、そのまま食べてもOKです。

◇団子汁
1.上記の材料を用いて、すまし汁を作ります。お正月に食べるなら、人参を花形に切ったりするなど
  して下さい。
2.団子の上にかけると、団子汁(雑煮風)となります。

<ポイント>
◇COOKママさくさく粉(辻安全食品)はさくさく粉をアルファ化したもので、とろみ付けに便利です。
  加熱をしてあるので、そのままでも食べられます。この点がCOOKパパさくさく粉や他のサクサク
  粉、タピオカ粉と 異なります。
◇ミニ団子にして、冷凍保存しておくと便利です。
◇餅米を使用しないので、授乳中の方も安心して食べられます。

<離乳食・幼児食への利用>
◇ミニ団子にすると、つかみ食べに便利です。
◇離乳中期頃から利用OKですが、味付け前に具材と煮汁を取り出します。具材、団子をみじん切り
  にして、味なし、もしくは薄い塩味にします。薄い醤油味は1歳頃からOKです。
大根餅(レシピ提供:ドリーさん)
<原材料>
大根(約5cm)、さくさく粉またはタピオカ粉(1カップ)、油
野菜数種(ネギ・小松菜など)、熱湯、醤油
ソーセージ(ラビソーセージなど)または挽肉類(兎・馬など)
もしくはしらす干し
<変更材料>
さくさく粉またはタピオカ粉→片栗粉など
ソーセージ(ラビソーセージなど)→ソーセージ(ポークウインナーなど)
挽肉類(兎・馬など)→挽肉類(鶏胸、豚赤身など)

(写真) 大根、タピオカ粉、マイタケ、粟醤油、豚挽肉、ネギ、油  (びびあん作)

<作り方>
1.大根おろしに、サクサク粉またはタピオカ粉を入れ、熱湯(適量)でクリーム状になるように
  ねります。
2.上記1.に肉類や野菜などの具や調味料を入れ、さらに混ぜます。
3.フライパンに少量の油をひき、上記2.を流しいれ、両面を弱火でじっくりと焼きます。

<ポイント>
◇おやつにするなら、具を入れなくてもOKです。。その方が大根餅っぽくなります。
◇油を使用したくない場合は、炊飯器を利用すると良いかもしれません。油不使用でくっつかない
  フライパンで焼いてもOKです。授乳中の方におすすめです。
◇肉類などを入れる場合は、二度ゆでをして下さい。

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳中期頃から利用できますが、油・調味料を使用せずに作って下さい。
◇肉類などを入れる場合は、二度ゆでをして下さい。
サツマイモグラタン(レシピ提供:あままさん)
<原材料>
1.あままさん
  雑穀粉(米粉)、サツマイモ粉、野菜や肉類(お好みのもの)
  タピオカ粉、アレルギー用粉ミルク
2.びびあん・アレンジ編(アレルギー用ミルクを用いない場合)
  雑穀粉(米粉)、サツマイモ粉、野菜や肉類(お好みのもの)、塩(お好みで)
  じゃがいものシチュールゥ(ミヤコ)
<変更材料> 
雑穀粉(米粉)→小麦粉など
アレルギー用粉ミルク→育児用粉ミルク、牛乳など
タピオカ粉→片栗粉

(写真) うるち粟粉、サツマイモフレーク、エリンギ、水菜、ジャガイモ、玉ネギ、塩
      ミニポークウインナー、じゃがいものシチュールゥ    (びびあん作)

<作り方>
1.肉類や野菜類を煮るか、電子レンジで柔らかくなるまで、ラップをかけて、チンをします。
  小さめ、薄めに切れば、約3分程度です。
2.材料1の場合、サツマイモ粉以外の粉類、アレルギー用粉ミルクを混ぜ、お湯を生地がだらっと
  するまで入れます。材料2の場合、ルゥを水で溶き、温めた後、サツマイモ粉以外の粉類、
  調味料を混ぜます。
3.上記1.を器に入れ、上記2.の生地をかけます。
4.サツマイモ粉を上からふり、オーブントースター(200度)で約15分焼きます。

<ポイント>
◇材料1または2については、体質に応じて選んで下さい。
◇授乳中の方も安心して食べられます。
◇肉類を使う場合は、二度ゆでをして下さい。

<離乳食・幼児食への利用>

◇材料1は離乳中期頃から、材料2は離乳後期〜完了期頃から利用できますが、具材を小さく
  切ってから作って下さい。
◇肉類を使う場合は、二度ゆでをして下さい。

焼馬(煮馬)(レシピ提供:ぺろさん)
<原材料>
馬肉ブロック、長ねぎ、しょうが、醤油、砂糖
<変更材料>
馬肉ブロック→鯨肉・豚肉などのブロック

<作り方>
1.馬肉ブロックを冷蔵庫で半解凍します。
2.上記1.に熱湯を入れ、あくをとりながら、中まで火が通るように充分にゆでます。
  お湯に長ねぎとしょうがのぶつ切りをくわえると、くさみ消しになります。
3.お湯を捨て、醤油や砂糖(ほんの少し)をあわせたタレを回しかけて、焼き目をつけ、
  スライスします。煮馬にする場合は、お湯を捨てたあと、長ねぎ、しょうが、醤油で再度
  煮込みます。大人用には八角などのスパイスを利用すると、より本格的な風味が出ます。

<ポイント>
◇馬肉ブロックは、馬刺し用だとよりおいしいです。
◇ブロックをいきなり熱湯に入れるので、旨みが逃げません。
◇味付けはスライス後でも構いません。その場合、薄くスライスして、大根おろしなどでさっぱりと
  食べてもおいしいです。
◇下湯でをするので、脂肪分が抜けて、授乳中の方も安心して食べられます。ただし、豚肉など
  もともと脂身が多いものを使う時は、2度ゆですると良いと思います。なるべく、脂身の少ない
  肉類を選んで下さい。

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳後期〜完了期頃(1歳頃)から利用できますが、味付けは薄めにして下さい。
◇小さくみじん切りにし、そのまま、もしくはお粥やご飯に混ぜたり、玉ネギなどの野菜類と
  煮込んで、丼にしてもおいしいと思います。

TOP


Copyright - ©  おでびびはうす 2005-  All Rights Reserved