はじめに…
1. 使用する素材・調味料に関しては、素材選び・調理のポイントを参考にして、お子さんの体質や
   各家庭の味覚に応じたものをご使用下さい。
2.レシピは、アレルギー・アトピーっ子対応となっています。そのため、特殊な素材がありますが、
  一般向けに素材の変更点を記しています。乳質に配慮する母乳育児中の方や、からだにやさし
  い離乳食・幼児食作りにもぜひご利用下さい。離乳食・幼児食への応用ポイントも併記しました。

ミートソーススパゲティー(レシピ提供:ぺろさん)
<原材料>
麺類(雑穀・米など)、挽肉(馬・カンガルーなど)、トマト、玉ねぎ、酒、トマトケチャップ
ソース(お好みで)、パセリまたはハーブ(カモミールを出汁パックに詰めたもの)、タピオカ粉
<変更材料>
雑穀麺(雑穀・米など)→スパゲティーなど
挽肉(馬・カンガルーなど)→挽肉(豚肉赤身・鶏など)

<作り方>
1.日本酒と玉ネギを入れて沸騰させたお湯に、解凍した挽肉を入れてゆでます。ゆで汁を
  捨てます。
2.上記のゆでた挽肉をほぐし、玉ねぎとトマトのみじん切り、トマトケチャップ、パセリまたは
  ハーブを入れて、じっくり煮込みます。お好みで、ソースを隠し味として加えます。
3.最後に水溶きタピオカ粉をくわえ、とろみをつけます。
4.このミートソースを、ゆでた麺類にかけます。

<ポイント>
◇肉の臭いに敏感な方におすすめです。
◇ハーブはお好みのものでOKです。セロリを一緒に煮込むと、さらに風味が増します。
◇脂身がほとんどないので、授乳中の方も安心して食べられます

<離乳食・幼児食への応用>
◇離乳後期〜完了期頃(1歳以降)からOKです。離乳期は、ソースは必要ありません。
サクサクタピオカうどん(レシピ提供:ぺろさん)
<原材料>
サクサク粉(1カップ)、タピオカ粉(1/2カップ)、塩(小さじ約1/5)、熱湯(100ml)

<作り方>
1.サクサク粉、タピオカ粉、塩を入れて混ぜ、熱湯を少量ずつ加えながら、しゃもじですばやく
  混ぜます。
2.耳たぶくらいの軟らかさになったら、一まとまりにして、ポリ袋に入れ、生地が均一になるまで
  こねます。
3.麺棒で約3−5mmに伸ばし、サクサク粉をふりかけた後、細めに切り(約1cm、お好みで)、
  沸騰したお湯で約1−1.5分ゆでます。約1cmより少し厚めの場合は、ゆで時間を長めに
  します。
4.水で洗います。

<ポイント>
◇できあがりは、白っぽい半透明な感じになります。
◇麺は時間経過とともに、また冷蔵庫保存で硬くなります。その際は、味噌汁などに入れて、
  煮込みうどん風にするか、離乳食用であれば、お湯でふやかします。
◇出汁・スープに浮かべて食べる、もしくは、簡単ネギ味噌(参考レシピ)と青海苔をかけると、
  坦々麺風になります。
◇味に癖がないため、小さく切るとデザートにも使用できます。蜂蜜レモンシロップ、黒糖蜜などを
  かけても良いと思います。
◇授乳中の方も安心して食べられます。

<離乳食・幼児食への応用>
◇離乳初期からOKですが、腰があるので、あまり太く作ると、子供(離乳期)が噛み切れない
  可能性があります。細く作って、みじん切りにして下さい。
◇サツマイモとリンゴを煮たものに、上記の麺をみじん切りにして混ぜてもおいしいと思います。
雑穀を用いた焼きおにぎり&磯辺焼風(レシピ提供:ぺろさん)
<原材料>
雑穀(300g)、醤油、焼き海苔など
<変更材料>
雑穀→ご飯

<作り方>
1.雑穀はあらかじめ灰汁抜きをして下さい。
2.水を入れ替え、粒を少しつぶします。
3.炊飯器に上記2.を入れ、水を多めに入れます(炊飯器の目盛りが4−5くらいまで)。
4.炊飯コースで炊いたあと、約2時間余熱します。
5.雑穀ご飯の円形のかたまり(厚さ約5cm)ができます。水分をかなり含むので、粒々感は
  なくなっており、まな板におくと、ケーキのような状態です。
6.しゃもじで一口大に切ったり、型抜きで自由にカットし、油不使用でもくっつかないフライパンで
  油を引かずに軽く両面に焼き目をつけると、焼きおにぎり(風)になります。
7.醤油をつけて、焼き海苔を巻いて焼くと、磯辺焼き風になります。

<ポイント>
◇一口大にして、軽く焼いた後、梅肉や青紫蘇をのせたり、またはラビソーセージ、ピーマン、
  ノンコーポソース(トマトケチャップ)少々をのせて、カナッペ風にしてもおいしいです。アイデア
  次第で、メニューの幅が広がります。
◇炊飯したての柔らかい状態のときに少し取分け、ノンオイルレーズンを混ぜて、好きな形に
  ラップで巻いて塊りにしたものを焼くと、お菓子風になります。ただし、レーズンが焦げやすいので、
  注意が必要です。
◇円形ブロック状なので、全体的に薄くスライスすれば、ピザ台やお菓子台として利用できます。
◇誕生日や祝い事のときに、スライスした台の間に、兎肉そぼろ(味噌風味など)やアナゴ(醤油・
  砂糖で照り焼き)などをはさむと、お寿司風になります。

<離乳食・幼児食への応用>
◇離乳中期頃からOKですが、味付けは不要です。離乳後期〜完了期頃、食欲が落ちたときに、
  薄めの味付けをすると良いと思います。
◇粒同士が固まり、チーズのような状態なので、つかみ食べに適しています。ただし、焼き海苔が
  醤油などの水分を含むと、歯で噛み切りにくくなるので、注意をして下さい。

TOP


Copyright - ©  おでびびはうす 2005-  All Rights Reserved