はじめに…
1. 使用する素材・調味料に関しては、素材選び・調理のポイントを参考にして、お子さんの体質や
   各家庭の味覚に応じたものをご使用下さい。
2.レシピは、アレルギー・アトピーっ子対応となっています。そのため、特殊な素材がありますが、
  一般向けに素材の変更点を記しています。乳質に配慮する母乳育児中の方や、からだにやさし
  い離乳食・幼児食作りにもぜひご利用下さい。離乳食・幼児食への応用ポイントも併記しました。

ミートスパゲティー(風)
<原材料>
きび乾麺、馬挽肉、玉ネギ、ピーマン、シイタケ、ネギ、人参
トマトケチャップもしくはトマト、塩
<変更材料>
きび乾麺→ひえ乾麺、あわ乾麺、米麺、キヌアスパゲティー
       セモリナスパゲティーなど
馬挽肉→鹿・カンガルー・鶏、豚赤身などの挽肉

<作り方>
1.麺類をゆでます。
2.具材をみじん切りにして煮ます。
3.煮えたら、調味量で味付けをします。

<ポイント>
◇米麺はゆですぎると、柔らかくなりすぎるので、小まめに硬さをチェックして下さい。
◇麺類は体質にあうものを選んで下さい。雑穀麺はどの調理形態にも利用可能ですが、
  スパゲティー風にはきびめん、うどん風にはひえめん、ラーメンにはあわめんが最適です。
◇野菜がたくさん食べられます。上記以外にもお好みの野菜を加えて下さい。
◇挽肉の代用に、ツナ缶水煮(ノンオイル)や貝類(アサリやホタテ)などでもOKです。
◇肉類はなるべく脂肪分の少ないものを選び、二度ゆでして下さい。
◇ミートソースをは小分け冷凍保存しておくと、昼食などに便利です(約2週間が保存の目安)。

<離乳食・幼児食への応用>
◇肉類は、二度ゆでして下さい。
◇麺類を細かく刻むと、離乳後期頃よりOK!
◇トマトケチャップを使用せず、薄い醤油味もしくは塩味の和風に変更して下さい。月齢が低い
  場合は、スープスパゲティー風にすると食べやすいと思います。
煮込みうどん(風)もしくはラーメン(風)
<原材料>
雑穀乾麺・米乾麺、野菜(白菜・ネギ・ほうれん草・小松菜・カボチャなど)
キノコ類(シメジ・椎茸など)、出汁もしくは水、醤油もしくは味噌、
手作りほんスープ(貝味・オニオン)またはスープの素(塩味・醤油味)
(スープのもと購入先:ママルル

<変更材料>

雑穀乾麺・米乾麺→国産小麦うどん、さくさく乾麺など

(写真上側:煮込みうどん風)
 稗乾麺、ネギ、玉ネギ、舞茸、カブ葉、稗味噌、あご出汁
(写真下側:ラーメン風)
 粟乾麺、小松菜、人参、エリンギ、ネギ、手作りほんスープオニオン(塩味の方がよりラーメンに
 近いです)

<作り方>
◇煮込みうどん風
1.麺類をゆでます。
2.具材を切り、出汁もしくは水、調味料で煮ます。
◇ラーメン風
1.麺類をゆでます。
2.具材を切り、スープのもとで煮ます。お好みで塩や醤油をほんの少し加えると良いと思います。

<ポイント>
◇干ししいたけを使用する際は、戻し汁を出汁として利用すると旨みが増します。
◇麺類は体質にあうものを選んで下さい。雑穀麺はどの調理形態にも利用可能ですが、
  スパゲティー風にはきびめん、うどん風にはひえめん、ラーメンにはあわめんが最適です。

<離乳食・幼児食への応用>
◇煮込みうどん風は離乳初期頃から利用OKですが、具材をみじん切りにして、くたくた煮状態に
  します。野菜は裏ごししたものを用いて下さい。味付けは必要ありません。離乳中期頃以降で、
  食が落ちたら、薄い塩味、離乳後期頃〜完了期頃以降(1歳以降が目安)で薄い醤油味にして
  下さい。
◇スープのもとを使うのは、幼児食以降がおすすめです。痒みが強い場合は、香辛料が入っている
  ため、スープの素を使用しないで下さい。
焼きうどん(風)
<原材料>
雑穀乾麺・米乾麺、緑黄色野菜(ピーマン、ほうれん草、小松菜など)
挽肉(馬・兎・鹿など)もしくはソーセージ(ラビソーセージ・メルスティックなど)
玉ネギ、キノコ類(シメジ・しいたけ・エリンギなど)、油、ソースもしくは醤油
<変更材料>
雑穀乾麺・米乾麺→国産小麦うどんなど
挽肉(馬・兎・鹿など)→豚赤身薄切りなど
ソーセージ(ラビソーセージ・メルスティックなど)→ポークウインナーなど

(写真上側) 豚、チンゲン菜、中濃ソース、稗乾麺
(写真下側) 豚、チンゲン菜、中濃ソース、
         さくさくタピオカ乾麺(現さくさくヌードル)(雑穀乾麺・米麺が駄目な場合)

<作り方>
1.麺類をゆでます。
2.具材を切り、少量の油で炒めます。または、炒めた後、麺類と一緒に軽く炒めるか、もしくは
  混ぜるだけでもOKです。
3.醤油もしくはソースで味付けをします。

<ポイント>
◇麺類は体質にあうものを選んで下さい。雑穀麺はどの調理形態にも利用可能ですが、
  スパゲティー風にはきびめん、うどん風にはひえめん、ラーメンにはあわめんが最適です。
  さくさく麺では水分が多くないと、麺同士がくっつきやすく、少し食べづらいかもしれません。
◇体質に合わせて、醤油もしくはソースにして下さい。
◇肉類はなるべく脂肪分の少ないものを選び、二度ゆでして下さい。
◇油脂類に過敏な場合もしくは授乳中の方は、油を必要としないフライパンを用いて下さい。野菜の
  水分のみで充分に炒められます。この場合は麺類と具材を混ぜるのみでOKです。

<離乳食・幼児食への応用>
◇離乳後期頃からOKですが、麺を小さく切って下さい。
◇油脂類は使用しないで下さい。そのため、油を必要としないフライパンを用いて下さい。野菜の
  水分のみで充分に炒められます。この場合は麺類と具材を混ぜるのみでOKです。
◇離乳期は薄い醤油味のみで、幼児食ではお子さんの症状などに応じて、ソースを使って下さい。

TOP


Copyright - ©  おでびびはうす 2005-  All Rights Reserved