はじめに…
1. 使用する素材・調味料に関しては、素材選び・調理のポイントを参考にして、お子さんの体質や
   各家庭の味覚に応じたものをご使用下さい。
2.レシピは、アレルギー・アトピーっ子対応となっています。そのため、特殊な素材がありますが、
  一般向けに素材の変更点を記しています。乳質に配慮する母乳育児中の方や、からだにやさし
  い離乳食・幼児食作りにもぜひご利用下さい。離乳食・幼児食への応用ポイントも併記しました。

煮魚
<原材料>
魚(赤魚・カレイ・カサゴなど)、ワカメ、野菜、砂糖、醤油、生姜(お好みで)

(写真) カレイ、ネギ、ワカメ

<作り方>
1.魚をあく抜きしながら、煮汁で煮ます。
2.煮えたら、最後にワカメや野菜を入れて、一煮立ちさせます。

<ポイント>
◇大豆アレルギーがない場合、豆腐と一緒に煮てもおいしいです
◇海藻類や野菜も一緒に煮ることで、食物繊維がたくさんとれます
◇大人の場合、煮汁は酒とみりんを1:1で混ぜて沸騰させ、アルコール分を飛ばし、その後、
  醤油で味付けをするとより一層おいしいです。ただし、米アレルギーがある場合、みりんと酒は
  利用しないで下さい。

<離乳食・幼児食への利用>
◇魚は脂身の少ないものを選び、二度ゆでして下さい。離乳期には、骨抜き魚や刺身を利用すると
  便利です。
◇離乳中期〜後期頃から利用できます。月齢が低いうちは、 味なしでも充分おいしいと
  思いますが、食が落ちてきたら、薄い塩味をつけて下さい。1歳頃からは醤油味もOKです。
カボチャのそぼろ煮
<原材料>
カボチャ、挽肉(馬・カンガルーなど)、出汁もしくは水、醤油
タピオカ粉もしくはサクサク粉
☆挽肉(馬、鹿など)→挽肉(鶏胸など)
☆タピオカ粉→片栗粉
<変更材料>
挽肉(馬・カンガルーなど)→挽肉(鶏・豚など)
タピオカ粉もしくはサクサク粉→片栗粉

(写真) 馬挽肉、カボチャ

<作り方>
1.カボチャを出汁もしくは水で煮ます。
2.カボチャが少し柔らかくなってきたら、二度ゆでした挽肉を入れ、あくを取りながら、さらに煮ます。
3.調味料を入れ、ある程度煮詰め、水で溶いたタピオカ粉をくわえてとろみをつけます。

<ポイント>
◇カボチャは仮性アレルゲンです。痒みなどの症状が生じる場合は、このメニューを作らないで
  下さい。
◇冷凍品や輸入品は味が落ちますので、ご注意下さい。
◇脂身の少ない挽肉を選んで下さい。単なるカボチャ煮より肉の旨みが出て、おいしいです。

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳中期〜後期頃からOKですが、味付け前に取り出します。
◇肉類は必ず二度ゆでして下さい。
湯豆腐もどき
<原材料>
豆腐、長ネギ、キノコ類(シイタケなど)、ワカメ、出汁もしくは水、醤油

(写真) 豆腐、ワカメ、長ネギ

<作り方>
1.上記を出汁もしくは水で煮て、最後に味付けをします。

<ポイント>
◇大豆アレルギーがある場合は、このメニューを作らないで下さい
◇干しシイタケを利用する場合は、戻し汁を出汁としてくわえると、旨みが増します。

<離乳食・幼児食への利用>

◇離乳後期〜離乳完了期頃からOKですが、薄味にして下さい。最初は味なし、薄い塩味から
  はじめ、1歳頃から薄い醤油味をつけると良いと思います。

寄せ鍋風
<原材料>
魚(鯛類・カレイなど)、ネギ、白菜、キノコ類(シイタケなど)
春菊などお好みの野菜、出汁もしくは水、醤油もしくは味噌、
レモンやゆずの絞り汁(お好みで)

(写真) タラ、白菜、ネギ、みつば、昆布出汁、稗醤油、塩

<作り方>
1.材料を出汁もしくは水で煮て、お好みで醤油味もしくは味噌味で味付けします。

<ポイント>
◇干しシイタケを利用する場合は、戻し汁を出汁としてくわえると、旨みが増します。
◇大豆アレルギーがない場合には、豆腐を入れるとおいしいです。
◇脂身の少ない魚を選び、二度ゆでして下さい。

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳中期〜完了期頃からOKですが、味付け前に取り出して下さい。ただし、豆腐は後期〜
  完了期頃からの使用としますので、豆腐を入れる前に、取分けして下さい。月齢が低いうちは、
  味なしからはじめ、食欲が落ちたなら、薄い塩味で、1歳頃から薄い醤油味もしくは味噌味を
  つけると良いと思います。
◇離乳期には、骨抜き魚や刺身を利用すると便利です。二度ゆでして下さい。
おでん風
<原材料>
ジャガイモ、大根、コンニャク、ベジラビボールまたは手作りミートボール
アレルギー用はんぺんまたはアレルギー用ちくわ、出汁もしくは水、醤油、砂糖(お好みで)
(手造り肉団子) 挽肉(兎・馬など)、玉ネギ、塩、タピオカ粉
<変更材料>
挽肉(兎・馬など)→挽肉(鶏胸など)
タピオカ粉→片栗粉

<作り方>
1.大根やジャガイモはあらかじめある程度柔らかくなるまでゆでます。コンニャクも下ゆでします。
2.出汁もしくは水、調味料にて、上記1.や他の材料を弱火で数時間煮込みます。
3.ベジラビボールは2から煮込んでもOKですが、手作りミートボールは型崩れをしやすいので、
  出来上がる少し前に入れて、煮込むと良いと思います。

◇手作りミートボール
1.具材をみじん切りにします。
2.塩や粉を加えて混ぜた後、小さなボール状に成型します。

<ポイント>
◇市販練り製品は卵白・油脂類などが含まれますので、アレルギー対応練り製品を使用して
  下さい。家族の分と一緒に煮込むと、卵白成分や油脂類が染み出すので、家族用も
  アレルギー対応にするか、別鍋にして下さい。
◇ベジラビボールは油脂類が多めです。油脂類で症状が出る場合、乳腺の詰まりやすい方は、
  手作りをするか、二度ゆでをすると良いと思います。
◇手作りミートボールの場合は、肉類を二度ゆでして、野菜・粉類などと一緒に、
  フードプロセッサーに入れて生地を作ると楽です。

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳完了期頃〜幼児食からOKですが、薄味にします。
◇ジャガイモは症状が出やすいので、前夜から、水にさらしておくと良いと思います。
卯の花
<原材料>
乾燥おから、人参、挽肉(兎・馬など)、緑黄色野菜(ほうれん草・小松菜など)、コンニャク、
醤油、砂糖、出汁
<変更材料>
挽肉(兎・馬など)→挽肉(鶏・豚赤身など)、

<作り方>
1.乾燥おから以外を煮ます。
2.1.が煮えたら、乾燥おからを入れます。最初から乾燥おからをくわえると、水分をたくさん
  吸収してしまい、他の具材が煮えません。

<ポイント>
◇大豆アレルギーがある方は作らないで下さい。
◇食物繊維が豊富なヘルシーな1品です

<離乳食・幼児食への利用>

◇離乳完了期頃からOKです。そのままで食べにくい場合は、ご飯やパンケーキの生地などに
  混ぜてもおいしいと思います。

TOP


Copyright - ©  おでびびはうす 2005-  All Rights Reserved