はじめに…
1. 使用する素材・調味料に関しては、素材選び・調理のポイントを参考にして、お子さんの体質や
   各家庭の味覚に応じたものをご使用下さい。
2.レシピは、アレルギー・アトピーっ子対応となっています。そのため、特殊な素材がありますが、
  一般向けに素材の変更点を記しています。乳質に配慮する母乳育児中の方や、からだにやさし
  い離乳食・幼児食作りにもぜひご利用下さい。離乳食・幼児食への応用ポイントも併記しました。

焼き魚
<原材料>
魚(太刀魚・金目鯛・赤魚・鮎などの川魚・鯛類・アジなど)
お好みで醤油や大根おろしなど

(写真上側) 目鯛(切り身)、スダチ
(写真下側) アジ

<作り方>
1.骨抜き魚や切り身はそのままで、尾頭つきに関しては、うろこと
  はらわたをとりだした後、充分に洗浄し、焼きます。 オーブンで
  焼いても良いと思います。

<ポイント>
◇魚は旬のもの、鮮度が良いものを選んで下さい。特に、朝獲れの地場産がおすすめです。
  なるべく脂身の少ない白身魚を選んで下さい。スーパーで購入した切り身には薬品が変色
  防止のための薬品がかけてある場合があるそうなので、充分に洗浄して下さい。また、骨抜き
  魚には結着材として山芋などが使われていますので、これらにアレルギー反応や過敏症がある
  場合は利用できません。

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳食には、完了期頃からおすすめです。骨には注意をして下さい。骨抜き魚が楽ですが、
  結着材に山芋などが使われていますので、これらにアレルギーがある場合は利用できません。
ハンバーグ・ピーマン肉詰め
<原材料>
@肉ハンバーグ
挽肉(兎・馬・鹿)、玉ネギ、塩、タピオカ粉、油
緑黄色野菜(大根葉・小松菜・チンゲン菜など)、
トマトケチャップまたはソース
ピーマンの肉詰めの場合は、ピーマン
A魚バーグ
魚のたたき身、タピオカ粉、玉ねぎ、野菜類(キャベツ・ネギなど)、塩、油
<変更材料>
挽肉(兎・馬・鹿など)→挽肉(豚赤身・鶏胸など)
タピオカ粉→卵や片栗粉など

(写真上側:ハンバーグ)
 馬挽肉、ピーマン、玉ネギ、タピオカ粉、塩、オリーブ油
(写真下側:ピーマン肉詰め)
 鹿挽肉、玉ねぎ、タピオカ粉、アスパラガス、ピーマン、オリーブ油

<作り方>
@肉ハンバーグ
1.上記の野菜をみじん切りにし、肉を2度ゆでします。
2.ゆでた挽肉、野菜、粉類、塩をボウルに入れ、粘り気が出るまでねり、成型します。
  ピーマンの肉詰めの場合は、ここで半分に縦切りしたピーマンに詰めます。
3.フライパンで少量の油を用いて焼くか、油不使用でオーブンにて焼きます。お好みでソースや
  トマトケチャップをつけます。

<ポイント>
◇肉類はブロックを用いる場合は、適度な大きさに切って、二度湯でしたあと、野菜や粉類などと
  一緒に、フードプロセッサーにかけると、種作りがすぐにできて、便利です。 
◇タピオカ粉などは卵などつなぎのかわりとなります。レンコンや山芋などをすったものでもOK
  ですが、これらは仮性アレルゲンのため、症状が出る方は使用しないで下さい。
◇成型後、個別にサランラップに包んで冷凍すれば、忙しい時や昼食時の1品に便利です。
  約1〜2週間が保存の目安です。
◇フライパンに出た煮汁に、トマトケチャップやソースを加えて煮詰めると、おいしいソースが
  できあがります。
◇油の使用を極力少なくして下さい。オーブンで焼くか、油を使用しないでもOKなフライパンで
  焼いて下さい。蒸し器で蒸してもOK。授乳中の方も同様です。
◇大豆アレルギーがなければ、豆腐やおからを利用してもOKです。ヘルシーな1品になります。

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳後期頃からOKですが、味付けはなし、もしくはごく薄い塩味のみでOKです。
◇油脂類は離乳完了期頃まで使用せずに作って下さい。
◇カボチャ、人参、サツマイモなどの裏ごしを混ぜてもOKです。
◇野菜をみじん切りにして混ぜられるので、野菜嫌いの子供には最適!
◇離乳完了期頃までは、肉類を2度ゆでしてあげると良いと思います。
魚のホイル蒸し
<原材料>
魚(赤魚・カレイ・金目鯛・メルルーサなど)、ピーマン、玉ネギ
キノコ類(エノキダケ・シメジなど)、醤油、
レモン、柚やすだちの絞り汁(お好み)、アレルギー用マーガリン(お好み)
<変更材料>
アレルギー用マーガリン→バター

(写真) カレイ(骨なし)、玉ネギ、ピーマン、シメジ、すだち(汁)、
      アレルギー用マーガリン(授乳中は省略)

<作り方>
1.上記の材料(絞り汁以外)をアルミホイルに載せます(マーガリン・醤油は包む前)。
2.アルミホイルで包み、蒸します。最後にレモンまたは柚、すだちの絞り汁をかけます。

<ポイント>
◇授乳中の方、離乳食には、アレルギー用マーガリンを利用しないで下さい。
◇刺身や骨抜き魚を利用すると、便利です。
◇オーブンで焼いても良いと思います。
◇旬のもの、鮮度が良い魚を選んで下さい。特に、朝獲れの地場産がおすすめです。

<離乳食・幼児食への利用>

◇脂身の少ない白身魚を選んで下さい。
◇離乳食には新鮮な刺身を利用すると便利です。離乳後期〜完了期頃以降からOK、具材は
  あらかじめ小さく切ってからアルミホイルに包んで下さい。離乳完了期頃までは、魚は少なくとも
  二度ゆでしたものを用います。
◇離乳食では、アレルギー用マーガリンを用いないで下さい。原材料の素朴な味と薄味の醤油で
  充分です。

じゃがバター
<原材料>
ジャガイモ、アレルギー用マーガリン、塩
<変更材料>
アレルギー用マーガリン→バター

<作り方>
1.ジャガイモを充分に洗って、皮ごと蒸します。お好みでアレルギー用マーガリンもしくは塩を
  つけて食べます。

<ポイント>
◇ジャガイモは仮性アレルゲンです。痒みなどの症状が出る場合は、このメニューを作らないで
  下さい。

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳期での油脂類の使用はなるべく控えます。塩味のみで充分においしいです。
  油脂類の利用は離乳完了期以降をおすすめします。
◇離乳中期頃からOKですが、味付け不要。湯冷ましやミルクなどでのばして下さい。ただし、
  アレルギー予防的には、ジャガイモの利用は後期〜完了期頃まで遅らせた方が良いと思います。

TOP


Copyright - ©  おでびびはうす 2005-  All Rights Reserved