はじめに…
1. 使用する素材・調味料に関しては、素材選び・調理のポイントを参考にして、お子さんの体質や
   各家庭の味覚に応じたものをご使用下さい。
2.レシピは、アレルギー・アトピーっ子対応となっています。そのため、特殊な素材がありますが、
  一般向けに素材の変更点を記しています。乳質に配慮する母乳育児中の方や、からだにやさし
  い離乳食・幼児食作りにもぜひご利用下さい。離乳食・幼児食への応用ポイントも併記しました。

炊き込みご飯
<原材料>
白米または雑穀(単独もしくは混合)、キノコ類(しめじ・シイタケなど)
根菜類(人参・ごぼう・レンコンなど)、出汁もしくは水、醤油
兎挽肉もしくはツナの水煮缶(オイル缶はNG)
<変更材料>
兎挽肉→鶏挽肉など

(写真) 白米、稗、ゴボウ、人参、大根葉

<作り方>
1.雑穀を使用する場合、あらかじめ水につけて灰汁抜きをして下さい。
2.具材を細かく切って、白米や雑穀、出汁、醤油と一緒に炊飯器に入れて炊きます。

<ポイント>
◇干し椎茸を利用される場合は、戻し汁を出汁として加えると、旨みが増します。
◇食べ残った場合、おむすびにしておくと、小腹が減った場合のおやつになります。
◇ツナ缶の油脂類は症状が出やすいので、オイル缶を使用しないで下さい。また、乳腺が詰まる
  原因にもなります。肉類は脂身の少ないものを使用して下さい。

<離乳食・幼児食への応用>
◇離乳後期〜完了期頃(1歳頃)からOKです。後期頃は、炊飯終了後、少量の水もしくは出汁に
  入れて雑炊風にすると良いと思います。ご飯の硬さは離乳の進み具合に応じて、出汁もしくは
  水加減を 調整して下さい。
切干大根とひじきの炊き込みご飯
<原材料>
白米または雑穀(単独もしくは混合)、キノコ類(しめじ・シイタケなど)、
ひじき、切干大根、人参、醤油 、出汁もしくは水

(写真) 切干大根、ひじき、人参、シイタケ、白米、うるちきび

<作り方>
1.雑穀を使用する場合、あらかじめ水につけて灰汁抜きをして下さい。
2.切り干し大根や干ししいたけ、ひじきなどはあらかじめ水に戻しておきます。
3.具材を細かく切って、白米や雑穀、出汁、醤油と一緒に炊飯器に入れて炊きます。

<ポイント>
◇切干大根や干し椎茸の戻し汁を出汁として加えると、旨みが増します。
◇食べ残った場合、おむすびにしておくと、小腹が減った場合のおやつになります。
◇食物繊維、鉄分が豊富な材料が多いので、便通改善、貧血気味の方におすすめです。

<離乳食・幼児食への応用>
◇離乳後期〜完了期頃(1歳頃)からOKです。後期頃は、炊飯終了後、少量の水もしくは出汁に
  入れて雑炊風にすると良いと思います。ご飯の硬さは離乳の進み具合に応じて、出汁もしくは
  水加減を 調整して下さい。
豆ご飯または芋ご飯
<原材料>
白米または雑穀(単独もしくは混合)、塩
豆類(グリーンピース・小豆など)またはサツマイモ

(写真)サツマイモ、うるちきび、白米

<作り方>
1.雑穀を使用する場合、あらかじめ水につけて灰汁抜きをして下さい。
2.豆類はそのまま、芋は適当な大きさに切って、白米や雑穀、塩と一緒に炊飯器に入れて
  炊きます。豆類の前処理は、こちらの煮豆を参考にして下さい。

<ポイント>
◇芋ご飯は食物繊維が豊富なため、便通改善におすすめです。
◇豆ご飯の場合、大豆アレルギーの方はこのレシピを作らないで下さい。特に、グリーンピースは
  未熟な大豆ですから、ご注意下さい。小豆などの豆類は大豆除去解除の前段階で用いることが
  多いです。

<離乳食・幼児食への応用>
◇芋ご飯は離乳中期〜後期頃から、豆ご飯は離乳後期〜完了期頃(1歳以降)からOKです。
  中期〜後期頃は、炊飯終了後、少量の水もしくは出汁に入れて雑炊風にします。ご飯の硬さは
  離乳の進み具合に応じて、出汁もしくは水加減を調整して下さい。

雑炊(おじや)
<原材料>
白米または雑穀(単独もしくは混合)、キノコ類(エノキダケ・椎茸など)
緑黄色野菜(ほうれん草・小松菜など)、白菜、ネギ、水もしくは出汁
味噌もしくは醤油、レモンやゆずなどの絞り汁(お好みで)

(写真) 白米、うるちきび、キャベツ、ネギ、大根葉、エリンギ、稗味噌、アゴ出汁

<作り方>
1.雑穀を使用する場合、あらかじめ水につけて灰汁抜きをして下さい。
2.具材を細かく切って、ご飯と一緒に出汁で煮て、最後に味付けをします。

<ポイント>
◇干し椎茸を利用される場合は、戻し汁を出汁として加えると、旨みが増します。
◇野菜がたっぷり食べられるので、栄養満点です。普段、野菜嫌いの子どもさんにもおすすめ!

<離乳食・幼児食への応用>
◇味付け前に取り分けをすれば、離乳中期頃からOKです。ただし、昆布以外の出汁を使用
  しないで下さい。味付けは薄い塩味程度にします。味をつけなくても、おいしいと思います。
  離乳後期〜完了期頃(1歳以降)から醤油や味噌を使ってもOKです。

TOP


Copyright - ©  おでびびはうす 2005-  All Rights Reserved