はじめに…
1. 使用する素材・調味料に関しては、素材選び・調理のポイントを参考にして、お子さんの体質や
   各家庭の味覚に応じたものをご使用下さい。
2.レシピは、アレルギー・アトピーっ子対応となっています。そのため、特殊な素材がありますが、
  一般向けに素材の変更点を記しています。乳質に配慮する母乳育児中の方や、からだにやさし
  い離乳食・幼児食作りにもぜひご利用下さい。離乳食・幼児食への応用ポイントも併記しました。

野菜チップ
<原材料>
ジャガイモ、カボチャ、レンコン、インゲン、サツマイモ、バナナなどの野菜や果物、塩(お好みで)

<作り方>
1.野菜を薄くスライスして、水に少しさらし、水分をペーパータオルでふき取ります。
2.お好みで塩をふり、レンジで約30秒ずつ加熱をするか(乾燥状態を確認しながら、
  数回繰り返す)、オーブンで裏と表をそれぞれ約10分ずつ焼きます(温度設定:約200度)。
(ハッピーフレンズさんのアレルギー料理講習会でのリーフレットを参考)

<ポイント>
◇食物繊維豊富な野菜のヘルシーなおやつです。

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳期は、塩味は特に必要ありません。
◇少し硬めなので、歯固めの代用に役立ちます。
焼き芋またはふかし芋
<原材料>
サツマイモ

<作り方>
1.蒸し器で蒸すか、オーブンやトースターで焼く

<ポイント>
◇簡単かつヘルシーなおやつです。米・麦アレルギーがある場合の主食としても利用できます。
◇授乳中の方も安心して食べられます。
◇食物繊維豊富で便通改善にGOOD!

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳初期からOKですが、初期〜中期はミルクや湯冷ましで伸ばして下さい。
◇手づかみの練習にもなります。
芋羊羹
<原材料>
(共通)
サツマイモ粉(計量カップの50の位置くらい)、粉寒天(4g/袋)
(別)
(写真上側) 砂糖(約20g)、水(約500ml)
(写真下側) 砂糖(約5−10g)、野菜ジュース(約200ml)
         水(約300ml)

<作り方>
1.砂糖・ジュース以外を鍋に入れ、弱火で煮ます。
2.かき混ぜながら、とろとろになったら、砂糖・ジュースを入れます。
3.砂糖が溶けたら、火からおろし、タッパーに流し込みます。
4.粗熱をとり、冷蔵庫で冷やすと固まります。冷却途中に、水分が
  浮き出ることがあるので、その場合は水切りをして下さい。

<ポイント>
◇サツマイモ粉はサツマイモを裏ごししてもOK。カボチャパウダーやカボチャの裏ごしを利用しても
  おいしいと思います。
◇砂糖は控えめにしてありますので、火から降ろす前に少し味見をして、甘みが足りないようで
  あれば、砂糖を加えて下さい。
◇ジュースを使用すると、サツマイモ粉芋独特の味がなくなるので、旨みがアップします。ジュースの
  種類はお好みで色々模索して下さい。ジュースを使用する場合は、砂糖の量を減らします。
◇糖分の過剰摂取を予防のために、素材そのものの甘さのみとするか、オリゴ糖(フラクトオリゴ糖・
  ラフィノース)を利用して下さい。
◇授乳中の方も安心して食べられます
◇食物繊維豊富で便通改善にGOOD!

<離乳食・幼児食への利用>
◇手づかみの練習にもなります
◇離乳中期頃からOKですが、砂糖を加える前に別容器にとりわけて固めます(オリゴ糖なら
  利用OK)。この場合、レシピ1のみOKで、レシピ2を作らないで下さい。
◇離乳初期終り頃、ペースト状のものに飽きてきた頃にあげてみると、触感が異なり、喜んで
  食べてくれると思います(歯が生えていなくても安心して食べられる固さです)。
◇離乳完了期〜幼児食では、上記より砂糖の量を減らして作ると良いと思います。または、
  砂糖不使用で、幼児用ジュース(果汁100%)のみでもOKです。
◇便秘で悩まれるお子さんにおすすめです。

果汁ムース(果汁シャーベット)
<原材料>
果物を搾った果汁、もしくは100%果汁または野菜ジュース(約200g)
水(約200g)、タピオカ粉(大さじ3)、お好みで砂糖(〜約50g)
<変更材料>
タピオカ粉→さくさく粉、くず粉、片栗粉など

(写真)りんごと野菜のジュース(市販)、タピオカ粉、水

<作り方>
1.上記の材料を鍋に入れ、弱火で混ぜながら、温めていくと、とろりとした
  状態になります。
2.適当な容器に移し、粗熱をとり、冷蔵庫で冷やします。冷凍庫で少し冷やすと、シャーベット状に
  もなります。

<ポイント>
◇加熱をしてもとろとろ状態にならない場合には、水溶きタピオカ粉を少しずつ加えていくと
  固まります。
◇果物やジュースのかわりに、野菜裏ごし、粉ミルク、豆乳などでも作ることができます。
◇授乳中の方も安心して食べられます。
(ハッピーフレンズさんのアレルギーレシピ・リーフレットを参考にしました)

<離乳食・幼児食への利用>
◇離乳中期〜離乳後期頃からOK。離乳期は、砂糖を使用しないこと。幼児期は砂糖を上記より
  少なめに利用してもOKです。
◇果汁の代わりに、手作り野菜ジュース(煮た野菜・水をミルにかけたもの)を利用すると、
  離乳食代用になります。
◇糖分の過剰摂取を予防し、腸内細菌のバランスを保つために、砂糖をくわえる場合には
  オリゴ糖(フラクトオリゴ糖・ラフィノース)の利用がおすすめです。
上新粉を用いた団子
<原材料>
上新粉(約100g)、水(約100ml前後)
黄粉風(キヌア焙煎粉+砂糖)またはみたらし風(砂糖・醤油・タピオカ粉)
あるいは餡(小豆やささげもしくはさつま芋やカボチャ・砂糖・塩)

<変更材料>
キヌア焙煎粉→黄粉

(写真左側) みたらし団子風
(写真右側) 黄粉をかけた団子

<作り方>
◇作り方1
1.上新粉に徐々に水を入れて、耳たぶくらいの硬さにまでこねた後、約25分蒸します。
2.水にぬらした濡れぶきんに包んで粘りが出るまでこねるか、すり鉢に入れ、すり棒でとんとんし
  (この場合、すり棒などはあらかじめ濡らしておき、途中でも時々ぬらすと良い)、最後はぬれた
  手でよく粘りが出るまでこねます。
3.お好みの大きさ(子供が食べるなら小さめで、大人が食べるなら2−3cm)の団子を作ります。
4.食べる直前にフライパンやオーブンなどで焼きます。

◇作り方2
1.上新粉に徐々に水を入れて、耳たぶくらいの硬さにまでこねた後、団子状に丸めます。大きさは
  作り方1と同じです。
2.団子を沸騰したお湯で煮ます。団子が浮いてくることを目安としますが、浮いてきても
  少し長めにゆでると良いと思います。約5分くらいで浮いてきますが、8分くらいゆでて下さい。
3.湯をきり、冷水にとり、ぬめりをとって下さい。そして、フライパンやオーブンなどで、食べる直前に
  焼いて下さい。

◇その後の作り方(共通)
1.団子ができたら、黄粉風、餡、みたらし団子風のお好みで食べて下さい。
  みたらし団子のたれは、材料を煮詰めて、団子にかけるだけです(タレをつけてから焼いても
  OK)。ご家庭の味にあわせた配合にして下さい(甘さなど)。 餡は小豆餡、ささげ餡、
  サツマイモ餡、カボチャ餡など体質にあうものを選んで下さい。

<ポイント>
◇餅米を使わないので、授乳中の方も安心して食べられます。
◇米アレルギー軽度もしくは予防用に、高度精白米からできた上新粉があります。
◇穀物アレルギーがある場合、糖分の使用量はなるべく減らして下さい。

<離乳食・幼児食への利用>
◇喉を詰まらせないように注意をして下さい。2歳前後になり、自分で口にほうばる量が調節
  できたり、充分にかみかみできるまではあげない方が無難です。かまずに飲み込むことが
  多いときは、あげないで下さい。
葉餅(バラ餅・柏餅:上新粉を用いたお餅)
<原材料>
上新粉(約100〜150g)、タピオカ粉(大さじ約1)、水、砂糖、塩
餡(サツマイモ・カボチャ・小豆など)、サルトリイバラの葉(無理に必要なし)

<作り方>
1.上新粉、タピオカ粉、塩を混ぜて、水をくわえて、耳たぶくらいの硬さに
  なるまでこねます。
2.手に上新粉をつけ(生地が手につかないように)、上記の生地を
  団子状に丸めてから平べったくします。沸騰したお湯でゆでます。
  生地が浮き上がってきたら、更に約3分ゆでます。生地に箸をさしても、
  生地がつかなければOKです。
3.水であらかじめ濡らしたすり鉢にゆでた生地を入れ、水で濡らした
  すり棒でとんとんします(お餅をつく感じ)。
4.生地が冷めてきたら、最後は濡れた手で粘りが出るまで、
  充分にこねます。
5.手に上新粉をつけ、適量を団子状に丸めて伸ばしてから、餡を真ん中に
  置きます。生地で餡をくるみ、二枚の葉でお餅をはさみます。
6.あらかじめお湯を沸騰させておいた蒸し器に入れ、約15分ほど蒸します。

<ポイント>
◇生地にごく少量の砂糖をくわえると、艶出しになるそうですが、くわえなくても問題ありません。
  お好みでどうぞ!
◇餡の作り方は下記の芋金時レシピを参考にし、砂糖を少し多めに入れて下さい。
◇餡は小豆餡、ささげ餡、サツマイモ餡、カボチャ餡など体質にあうものを選んで下さい。
◇葉餅なので、葉でくるみましたが、無理にくるむ必要はありません。その際はサランラップなどで
  くるんで、お皿にくっつかないようにして蒸します。
◇上新粉だけだとすぐに硬くなる可能性がありますが、タピオカ粉をくわえると、約6時間経過
  しても少し硬くなる程度でまったく問題ありませんでした。
◇餅米を利用しないので、授乳中の方も安心して食べられます。
◇米アレルギー軽度もしくは予防用に、高度精白米からできた上新粉があります。
◇穀物アレルギーがある場合、糖分は極力減らして下さい

<離乳食・幼児食への利用>
◇喉を詰まらせないように注意をして下さい。2歳前後になり、自分で口にほうばる量が調節
  できたり、充分にかみかみできるまではあげない方が無難です。かまずに飲み込むことが
  多いときは、あげないで下さい。

芋きんとん(芋餡)
<原材料>
サツマイモ、砂糖、塩

<作り方>
1.サツマイモの皮をむき、小さく切ってから、柔らかくゆでます。
2.お湯を切り、乾煎りして、水分を飛ばします。
3.砂糖、塩をお好みの量をくわえます。

<ポイント>
◇そのまま食べても、上記のバラ餅(柏餅)などの餡としても利用できます。餡として用いる場合は、
  少し甘めに作るとおいしいです。

<離乳食・幼児食への利用>
◇食物繊維豊富で便通改善にGOOD!
◇穀物アレルギーがある場合、糖分の摂取を控える、もしくはオリゴ糖にして下さい
◇離乳完了期頃からOKですが、砂糖を控えめにして作ります。砂糖・塩抜きにすれば、離乳初期
 から、砂糖抜きにすれば、離乳中期頃から利用できますが、湯冷ましやミルクなどでのばして
 下さい。

TOP


Copyright - ©  おでびびはうす 2005-  All Rights Reserved