掲示板投稿編・お誕生日レシピ
(3歳のお誕生日)
誕生日といえば、「ケーキで祝いたい」との思いは強いはず。しかし、アレルギー・アトピーがあったり、市販ケーキなど添加物の多いものを乳幼児に与えることに抵抗がある人にとっては、どんな料理で祝おうかなと迷うはず。3歳児くらいになると、絵本などでケーキのことを知り、興味を示す子どもも多いはず。そのため、家族みんなで一緒に楽しめる、そして、安心して食べられる、そんなレシピが子どもにとって最高のプレゼントだと思います。今回はおいしいケーキの紹介もあります。2歳頃からでも楽しめるレシピだと思います。

<注意>
使用する素材・調味料に関しては、こちらを参考にして、お子さんの体質や各家庭の味覚に応じてご使用下さい。

 豆腐ハンバーグ 
<準備するもの>
木綿豆腐、野菜類(人参・玉ねぎ、ピーマン、しいたけなど)、塩
お好みで醤油や大根おろし,、またはあんかけ・ケチャップやアレルギー対応マヨネーズ
<調理例>
1.木綿豆腐をまな板などで約3時間ほどおさえて、しっかりと水抜きをします。
2.人参、玉ねぎ、ピーマン、しいたけ等の野菜類をみじん切りにして、フライパンで炒める、
  もしくはレンジで火を通し、冷ましておきます。
3.豆腐の水切りができたら、ボウルに移し、手で充分に形を崩します。豆腐の固まりが
  なくなったら、上記2の野菜を加えてよく混ぜあわせたのち、塩をくわえて混ぜます。
4.豆腐は凝固作用があるので、しっかり水切りすると、つなぎがなくても固まります。
  適当な小判型や丸型に成形し、フライパンで両面をじっくり焼きます。
  油なしでも、焦げ付きません。
5.お好みで醤油をかけたり、大根おろしと醤油で食べたり、出汁であんかけを作ったり、
  ケチャップやアレルギー対応マヨネーズをかけます。
<ポイント>
◇調理例1.の水抜きですが、電子レンジでチンをする方法がありますが、
  充分に水を抜きたい場合は不向きです。

 パンプキンスープ(4〜5人分) 
<準備するもの>
玉ねぎ(小2個)、カボチャ(約500g)、粉類(米粉、雑穀粉など)、洋風だし(5カップ)
味噌類(雑穀味噌など)、塩、コショウ
<調理例>
1.玉ねぎを薄くスライスし、カボチャを小さめのひとくち大に切っておきます。
2.大き目の鍋で玉ねぎをきつね色になるまで炒めます
3.上記2.にかぼちゃを加えて炒めます。ある程度炒めたら、粉(米粉・雑穀粉・小麦粉など)を
  大さじ3杯加えて一緒に炒めます。
4.洋風だしを上記3.に加えてかぼちゃが柔らかくなるまで煮ます。
5.煮えたら、あら熱を取り、ミキサーにかけてピューレ状にします。
6.塩を少々加えて、隠し味に味噌を大さじ1杯程度加えて、味見をしながら、塩、コショウ等で
  味を整えます。

 サツマイモケーキ(丸型18cm) 
<準備するもの>
サツマイモ(約800g)、アレルギー対応マーガリン(約50g)または使える油(約30g)、
100%リンゴジュース(50〜100ml)、メープルシロップ(約50ml:好みにより加減)、
粉類(タピオカ粉・サクサク粉など)(約90g)、リンゴ

<調理例>
1.サツマイモを柔らかくなるまで蒸かします。串がすっと通るほどになったら、鍋に入れ、
  マッシャーでだまがなるべくできないようにつぶします。
2.上記1.にアレルギー用マーガリンまたは油、リンゴジュース(サツマイモの水分により量を調整)
  およびメープルシロップを好みの甘さでくわえます。粉類をくわえて混ぜたら火にかけ、全体的に
  まとまりが出てくるまで火を通します。
3.18cmの丸型に生地を流し込み、200℃のオーブンで約30〜40分焼きます。
  焼きあがったら、型から外し、少し温かいくらいにまで冷まします。
4.このままでもおいしいのですが、誕生日用として、リンゴをくし型にスライスして、100%リンゴ
  ジュースでくたくた煮にしたものをケーキの上に放射状に並べて、粉砂糖をまぶします。
<ポイント>
◇ケーキは冷ましすぎると固くなりますので、温かいうちがおいしく食べられます。翌日などに
  食べる場合は、蒸かすとおいしく食べられます。
◇このケーキはメープルシロップの甘みとリンゴジュースの甘みだけなので、ヘルシーでとても
  おいしいので、大人も子どもも喜んで食べることができます。
(レシピ提供・パティシエールさん♪)
Copyright © 2005-  おでびびはうす all right reserved.