掲示板投稿編・クリスマスレシピ
クリスマスといえば、世間ではケーキ、チキンなどで盛り上がるのかもしれませんが、アレルギー・アトピーがあると、なかなか… でも、そんなごちそうを食べなくても、少し「ハレ」の気分で、家庭的なクリスマス料理でを演出してみるのが良いのかもしれません。そのため、家族みんなで一緒に楽しめる、そして、安心して食べられる、そんなレシピが最高の食卓だと思います。

<注意>
使用する素材・調味料に関しては、こちらを参考にして、お子さんの体質や各家庭の味覚に応じてご使用下さい。

 スープ 
<準備するもの>
カボチャパウダー、塩、澱粉(タピオカ粉・サクサク粉など)
<調理例>
1.カボチャパウダーを溶かして、塩味をつけます。
2.水に溶かした澱粉をくわえて、とろみをつけます。
<ポイント>
◇手間をかけるときは、カボチャを蒸したり、ゆでた野菜を用いて作ると良いと思います。

 ミニグラタン風 
<準備するもの>
ジャガイモ、豆腐または白身魚、里芋など好みの野菜、ひよこ豆、ウインナー、塩、酢、油
<調理例>
1.小さなアルミ容器にジャガイモの細切り、つぶし豆腐、ゆでた里芋をつぶしたものなど、
  好みの野菜にそのときにあるものを少々塩味をつけて重ね、ゆでひよこ豆やウインナーの
  細切りなどを適宜ちらします。
2.チーズの代用として、ジャガイモペーストに酢と油少々を混ぜたものを、1の上にのせて焼きます。
<ポイント>
◇ジャガイモや豆腐は、カボチャや白身魚(すり身もしくは切り身)を用いてもかまいません。
◇豆類が駄目な人は、上記の野菜のポタージュスープを少しだけ取り分けて、ジャガイモに
  あえると、よりグラタンのルーに近くなります。食べられるなら、クリームコーンでもOKです。
◇チーズの代用は、マヨドレやとうにゅうず(アレルギー対応マヨネーズ)だと、本当に見た目そっくりの
◇豆類がOKなら、緑と赤のレンズ豆を用いると、最高にクリスマスっぽくなります。
  コーンが大丈夫なら、ますます…チーズとなります。

 温野菜サラダクリスマスツリーバージョン 
<準備するもの>
ブロッコリー、人参、アレルギー対応マヨネーズ
<調理例>
1.野菜をゆでます。
2.人参は星型に切り、野菜の盛り付けを円錐状にします。
3.アレルギー対応のマヨネーズをクリームの絞り出し器で、らせん状につけるとGOODです。

 ローストポーク 
<準備するもの>
豚、塩、砂糖、醤油、玉ねぎ、生姜、ニンニク、ハチミツなど
<調理例>
1.肉に塩をすりこみます。このとき、タコ糸で肉をまいてもかまいません。
2.醤油、砂糖ベースの漬け汁に玉ねぎ、ショウガ、ハチミツ、ニンニクなど大丈夫なものを入れ、
  それに肉を1時間から半日くらい漬けます。
3.途中、裏返しながら、オーブンで焼きます。
4.火が確実に通ったことを確認後、糸をほどき、お好みの厚さにスライスします。
<メモ>
◇レシピはびびあんが適当に書きました♪ 
◇数種類のレシピがあると思うので、ご家庭にあった方法で!

 クリスマスケーキ風 
<準備するもの>
上記の「ミニグラタン」の中身をリンゴ、洋ナシ、ノンオイルレーズンなどに変更、豆腐、
メープルシロップもしくはハチミツ
<ポイント>
◇調理法はミニグラタンを参考にして下さい
◇大きめに作ると、ケーキっぽくなります。誕生日にはこれにろうそくを立てます。
◇豆腐が大丈夫な人は、水切りをした豆腐を絞り出し袋に入れて、クリーム代わりにしても
  おいしいです。その場合、甘みは砂糖よりもメープルシロップもしくはハチミツがあうと思います。

 コンセプト 
◇冷蔵庫にあるものを最大限に利用し、手抜きできるところは手を抜く。
◇ミニグラタンとデザートは時間がある時に作っておき、その場では、オーブンに放り込むだけで、
  当日はスープを作るくらいしか火を使わない程度でも良いと思います。
◇メインのローストポークは、前日か当日の朝に作っておきます。
(レシピ提供・なつままさん♪)
Copyright © 2005-  おでびびはうす all right reserved.